SCORE CARDBACK NUMBER

メルセデスを0勝から救ったジョージ・ラッセルの初優勝。

posted2022/12/07 07:00

 
メルセデスを0勝から救ったジョージ・ラッセルの初優勝。<Number Web> photograph by AFLO

イギリス出身の24歳で身長185cmとF1ドライバーとしては大柄。今季のドライバーズポイントは275で4位

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph by

AFLO

 最終戦アブダビGP。ルイス・ハミルトンがリタイア、ジョージ・ラッセルが5位という結果は、思った以上に手厳しくメルセデスを現実に引き戻した。

 煌びやかな夜の照明と落胆の中では、1週間前の1-2位の結果が霞んでしまった。しかし新たなシーズンに向かって気持ちを切り替えた今、ブラジルGPはチーム全員の心で輝きを取り戻したはずだ。

 '17年からメルセデスのジュニアドライバープログラムに参加し、'19年にウィリアムズからF1デビューしたラッセルは、非力なマシンを手に常に全力を尽くし、高い評価を得てきた。'20年のサクヒールGPでは新型コロナに感染したハミルトンに代わり、チームのミスやトラブルがなければ優勝できたはずの活躍を見せた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 582文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ジョージ・ラッセル
ルイス・ハミルトン
メルセデスAMG

F1の前後の記事

ページトップ