SCORE CARDBACK NUMBER

「セナの時代には走れた雨量でも…」日本GPでは“3時間ルール”適用、大雨の中のレースの見過ごせないリスク「季節の移行を考えるべき」

posted2022/11/13 17:01

 
「セナの時代には走れた雨量でも…」日本GPでは“3時間ルール”適用、大雨の中のレースの見過ごせないリスク「季節の移行を考えるべき」<Number Web> photograph by Getty Images

決勝前から雨が降りはじめ、スタートでは盛大な水煙が。クラッシュ、スピンもあり、2周したところで赤旗中断

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 マックス・フェルスタッペンのタイトル獲得を大画面が伝えると、サーキットは戸惑いに包まれた。チャンピオンが確定するには1ポイント足りないのでは――?

 大雨による赤旗中断が2時間以上も続いた鈴鹿では、最初のスタートから“中断時間も含めて最大3時間”でレースが終了するルールが初めて適用され、53周レースの28周を走行したところでチェッカーが振られた。したがってフルポイントは与えられないはずと、当のレッドブルチームも考えていた。しかし今シーズンからの新しいポイント表は“赤旗中断後にレースが再開されない場合”に適用されるもの。3時間の最後まで“走り切った”今回のレースではフルポイントが授与された。

 フェルスタッペンのタイトルに異論を挟む者はいない。チャンピオンに相応しい勝ち方を誰もが讃えた。レース後の混乱も、本人が明るく受け流した点が幸い。「ルールは言葉が足りないのもいけないし、書き込み過ぎてもいけない」と、さらっとまとめたところも彼らしい。

大雨の中のレース、リスクは?

 問題は10月の鈴鹿の天候だ。台風や大雨の影響で土曜の予選が不可能になったのは'04、'10、'19年の3回。'14年は日曜のレースが大雨で、ジュール・ビアンキの命を奪う事故が発生した。そして今年は、28周レース。10月の天候が安定したのは過去の話で、近年の日本GPで3日間の全セッションが快晴に恵まれた例は'13年まで遡らないと見られない。

 F1の走行を不可能にする要因はマシンが巻き上げる水煙がドライバーの視界を遮ること。空力性能が発達した今日のマシンが生む水煙は凄まじく、アイルトン・セナの時代には走れた雨量でも走れないのだ。

 冷たい雨の中、観客席の体感温度は10℃にも満たなかったという。傘もささず、レース再開をひたすら待ち、声援を送る鈴鹿の観客の姿は、世界中に感動を呼んだ。「たとえ28周でもみんなの前で走れた」「レースができなかったらひどい気持ちに陥るところだった」と、ドライバーたち。

 日本GPの成功は“世界一”と評されるファンに支えられている。でも、彼らの清廉さ、F1への愛情に甘え続けるわけにはいかない。秋開催の伝統を捨てても、リスクの少ない季節への移行を考えるべきだ。

<BASEBALL FINAL 2022>オリックス日本一への軌跡。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1062

<BASEBALL FINAL 2022>
オリックス日本一への軌跡。

日本シリーズ詳報

【優勝ドキュメント】
中嶋聡とバファローズ「愛と信念の継投策」

【MVPインタビュー】
杉本裕太郎「ホンマにピッチャー様々や」

【日本シリーズ全7戦詳報】
吉田正尚
村上宗隆/山本由伸
宇田川優希&山﨑颯一郎
山﨑福也/宮城大弥

【単独インタビュー】
大谷翔平「どれか一つというのはない」

【現地レポート】
ダルビッシュ有「時代に逆らう必要もある」

【1年目の自己採点】
鈴木誠也「あいつらぶっ潰してやります(笑)」

【現役引退インタビュー】
福留孝介「戦いの証はこの右手に」

定価:本体700円(税込)目次ページへ

関連記事

マックス・フェルスタッペン

F1の前後の記事

ページトップ