Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第6戦 プロフェッショナル解説]五十嵐亮太「4投手が被安打0。リリーフを蘇らせた中嶋采配の勝利」

posted2022/11/06 07:06

 
[第6戦 プロフェッショナル解説]五十嵐亮太「4投手が被安打0。リリーフを蘇らせた中嶋采配の勝利」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

8回を抑えた山崎颯を迎える平野。二人とも1回を2三振1ニゴロの完璧な投球だった

text by

佐藤春佳

佐藤春佳Haruka Sato

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 先発・山崎福からバトンを受けたオリックスのリリーフ陣が6回から4投手で無安打7奪三振と完璧な投球を見せました。

 1点リードの6回に登板した宇田川は、真っ直ぐの球の強さとフォークの落差で抑える投手。このタイプは「ストライクを取りに行くフォーク/直球」、「空振りを取りに行くフォーク/直球」という4パターンの意図をどう使い分けるかが肝になる。その選択を誤ったり、攻め一辺倒になると長打や連打に繋がってしまいます。

 宇田川は2死から山田と村上に四球を与えましたが、それぞれのボールの意図は悪くなかった。絶対に一発が許されない場面で、警戒心を持って丁寧に投げているのが伝わってきました。一転して、続くオスナには強気に攻めて3球三振。試合の流れや打者を見ながら、ツボを押さえた投球でゼロに抑えられるのは最高の素質です。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1072文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

五十嵐亮太
オリックス・バファローズ
宇田川優希
山崎颯一郎
平野佳寿
中嶋聡

プロ野球の前後の記事

ページトップ