Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第5戦 KEYMAN]吉田正尚「吹っきれて仕留めた2発」

posted2022/11/06 07:08

 
[第5戦 KEYMAN]吉田正尚「吹っきれて仕留めた2発」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 ライトスタンドへの弾道をほぼ真後ろから見ていた。第5戦、吉田正尚が打ったサヨナラホームランを目の当たりにしたとき、思い出したのは吉田のこんな言葉だ。

「ガンッと打ち抜いたら三段ホップ。まずは打ち出しでドンッ、そこからさらにドンッ、上空でもうひと伸び、ドーンっと……ピッチャーのすぐ横を通ったライナーがそのままスタンドへ入っちゃうみたいな、あり得ない打球。そんなホームランが理想です」

 子どもの頃から遠くへ飛ばすことが快感だった吉田は、小学校のときに通っていたバッティングセンターでオレンジと白の線で描かれたホームランゾーンへぶち当てるまで、アッパースイングをやめなかったのだという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 612文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

オリックス・バファローズ
吉田正尚

プロ野球の前後の記事

ページトップ