Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第4戦 KEYMAN]宇田川優希&山崎颯一郎「“弾丸ボーイズ”が守った1点」

posted2022/11/05 07:02

 
[第4戦 KEYMAN]宇田川優希&山崎颯一郎「“弾丸ボーイズ”が守った1点」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 お立ち台に立ってヒーローインタビューに答える3人の背番号の合計が99+96+63の258というのは、日本シリーズでの最多記録だろう。決勝タイムリーを放った背番号99、ラオウこと杉本裕太郎がこう言った。

「ヤバい球、投げてるんで、今日、2人とも回跨ぎしたんですけど、でも、明日も投げてもらおうと思います」

 苦笑いを浮かべた2人――背番号96の宇田川優希と背番号63の山崎颯一郎の中継ぎコンビは、昨年の日本シリーズはもちろん、今シーズンが始まったときにも、夏を迎えたときにさえ、中継ぎの頭数に入っていなかった。それが9月以降、ホークスを差したバファローズに欠かすことのできない中継ぎの切り札になったのは、いったいなぜだったのか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 602文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

オリックス・バファローズ
宇田川優希
山崎颯一郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ