SCORE CARDBACK NUMBER

ダイバーシティはここにも。ユニークな国体で見た光景。

posted2022/10/27 07:00

 
ダイバーシティはここにも。ユニークな国体で見た光景。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

大会トライ王の保井沙予は全6戦でトライを記録し、三重の優勝に貢献。セブンズ代表候補合宿に参加している

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 雨の打ちつける人工芝の上で、逞しきラグビー女子たちは楽しそうにボールを追い、走り回った。

 10月6日、栃木県の佐野市運動公園第1多目的球技場。行われていたのは「いちご一会とちぎ国体」こと第77回国民体育大会のラグビー女子セブンズ。三重対神奈川の激突となった決勝は、三重が26-5で快勝。表彰式の間、三谷咲月主将は満面の笑みを振りまき続けた。

「本当に嬉しくて、幸せな時間でした。去年の大会が中止になった悔しさをようやく晴らせました」

 味わい深いコメントだ。三重チームの選手は全員、2016年に設立されたクラブチーム「パールズ」のメンバーだった。パールズはそもそも、昨年開催されるはずだった三重国体の優勝を目指し、三重の官民が一体となって発足させたチーム。目標にしていた昨年の三重国体がコロナで中止されたため、2年越しの悲願成就。それも、NZで開かれているW杯に大量8人(サクラXVの最大勢力!)を送り出しながらの優勝だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 518文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

三谷咲月
保井沙予
小西想羅

ラグビーの前後の記事

ページトップ