Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ナンバーノンフィクション]キタサンブラック「磁力に導かれしもの」

posted2022/10/22 07:03

 
[ナンバーノンフィクション]キタサンブラック「磁力に導かれしもの」<Number Web> photograph by ©Cygames, Inc.

キタサンブラック:3月10日生まれ。父は演歌歌手。お祭りが大好きな優しい人情派。たまにべらんめぇ口調が飛び出す。162cm、体重はもりもり成長中

text by

寺島史彦(Number編集部)

寺島史彦(Number編集部)Fumihiko Terashima

PROFILE

photograph by

©Cygames, Inc.

いつも全力で、ひたすらタフで、無類のお人好し。彼女のもとには、自然とウマ娘たちが集まってくる。周囲の支えを受けながら、壁をよじ登ってきた。デビューから悩み続けた彼女が、苦難の1年を経て進むべき道を見つけた、覚醒の秋までの物語。

 キタサンブラックの物語は、2つの出会いからはじまった。

 1つは親友であるサトノダイヤモンドとの出会いである。

 幼い頃に出会った同い年のふたりは、まるで姉妹のように心に同じ色の火を灯して、クラシック三冠を一緒に走る約束を交わした。やがて同じ日に学園の門をくぐった。1つの道を2人で歩いていくことができる、かけがえのない存在だった。

 もう1つは憧れのウマ娘、トウカイテイオーとの出会いである。

 彼女の疾走は常にスタンドのファンたちのうねりを呼んだ。キタサンブラックは、無敗で皐月賞を制した勇姿をレース場で観た。伝説を作らんとするウマ娘の虜になり、背中を全力で追いかけていくと心に決めた。

 彼女は恵まれていた。人生を並走していく相手も、目指すべき大いなる指針も、早くから持っていた。

 トゥインクル・シリーズにおいて、レースは時に残酷である。勝利か敗北か、という結果だけではない。スタートからゴールまで同じ空間、同じ時間を共有しながら、必ず主役と脇役に二分されるからだ。檜舞台でスポットライトを浴びる者もいれば、舞台袖で視線を向けられることのない「その他大勢」もいる。

 デビューしてからのキタサンブラックは、大勢のひとりだった。彼女に注目する者は、ほとんどいなかった。視線はライバルたちに注がれていた。彼女は振り返る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1911文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ウマ娘
キタサンブラック
サトノダイヤモンド
トウカイテイオー

競馬の前後の記事

ページトップ