Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[独占インタビュー]セイウンスカイ「策士、逃走の秋」

posted2022/10/22 07:04

 
[独占インタビュー]セイウンスカイ「策士、逃走の秋」<Number Web> photograph by ©Cygames, Inc.

セイウンスカイ:4月26日生まれ。趣味は昼寝と釣り。よく野原で猫と一緒に丸くなっている。同期にスペシャルウィークなど。155cm、体重は申告漏れ

text by

寺島史彦(Number編集部)

寺島史彦(Number編集部)Fumihiko Terashima

PROFILE

photograph by

©Cygames, Inc.

淀の3000mを逃げ切ることはできない――。そんな人々の思い込みを覆したウマ娘がいる。勝利への最短距離を、考えて考えて考え抜いた稀代のトリックスターによる最高の作品を、本人が笑みを絶やすことなく語ってくれた。

 インタビューが始まるはずの時間を迎えても、彼女は来なかった。

 10分、20分と進んでいく時計の針は、待ち人がここに現れないことを示していた。

 スペシャルウィーク、グラスワンダー、キングヘイロー、エルコンドルパサー……綺羅星の如きウマ娘が揃った“黄金世代”にあって誰も予想し得なかった走りで菊花賞の3000mを逃げ切ったのが“トリックスター”セイウンスカイである。

「菊花賞」は最も強いウマ娘が勝つと言われる。ウマ娘としての力量が高い次元で試される舞台で、見ている者、走っている者、おそらくは本人以外のほぼ全員を出し抜き、高らかに凱歌を奏でた。なぜ、彼女にはそのような芸当ができたのか――。

 インタビュー・ルームとして押さえてもらっていたトレセン学園の一室を出て、生徒たちに行方を聞いてまわる。親切な1人のウマ娘が教えてくれた。

「あ、スカイさんなら……」

 学園を出て30分ほど。セイウンスカイがいる、という河原に向かうと灰色の髪を揺らしたウマ娘が悠然と釣り糸を垂らしていた。釣果はどうですか?

「んー、さっぱりですねー。お魚さんたちはご機嫌斜めかな? ……ところで、あなたはどこのどなた様で?」

 こちらが名乗ると、セイウンスカイは笑みを浮かべたまま答える。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2013文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ウマ娘
セイウンスカイ
スペシャルウィーク

競馬の前後の記事

ページトップ