Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[掟破りの3カ月半]1989年のオグリキャップ「異常なる季節の代償」

posted2022/10/20 07:01

 
[掟破りの3カ月半]1989年のオグリキャップ「異常なる季節の代償」<Number Web> photograph by Yoshiteru Kubo

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

Yoshiteru Kubo

平成の世がはじまり、休養明けのスーパーホースは、ファンの大声援を背に走りに走った。オールカマーから暮れの有馬記念までGI連闘を含む6戦を戦い抜いた狂気のローテーションは、怪物に何を残したのか。この年、すべての手綱を取った鞍上・南井克己の回想とともに振り返る。

 激動の1989年。中国で天安門事件が勃発し、ドイツではベルリンの壁が崩壊した。米国のジョージ・ブッシュ大統領とソビエト連邦のミハイル・ゴルバチョフ最高会議議長がマルタで歴史的な会談を行ない、冷戦の終結が宣言された。日本では1月7日に昭和天皇が崩御され、昭和64年と平成元年が同居した年としても人々の記憶に残っている。

 オグリキャップは、この年に4歳(当時の表記では5歳)を迎えた。地方競馬の中でも規模が小さい、岐阜県の笠松で挙げた12戦10勝という実績を引っさげてJRAに転入してきたのがその前年で、予めのクラシック登録がない馬に対する追加登録の救済規定はまだ用意されていなかった。三冠路線への出走が認められず、3歳シーズンはやむなく中央のエリート古馬たちと勇敢に戦い、そのシチュエーションがファンの熱狂をあおる役目も果たすことになった。締めくくりの大一番有馬記念では、当時の最強古馬タマモクロス、同期の菊花賞馬スーパークリーク、マイルCSの覇者サッカーボーイらを破って日本一に輝き、翌年は心身ともにさらなる充実を迎える年になる、と誰もが信じていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3554文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

オグリキャップ
南井克己
小栗孝一
近藤俊典
安藤勝己
河内洋
岡部幸雄
バンブービギン
布施正
岩元市三
横山典弘
ナリタブライアン
タマモクロス
武豊
池江敏郎
瀬戸口正一

競馬の前後の記事

ページトップ