Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[敗戦からの決意表明]武豊&ドウデュース「ロンシャンの借りは東京で」

posted2022/10/20 07:03

 
[敗戦からの決意表明]武豊&ドウデュース「ロンシャンの借りは東京で」<Number Web> photograph by Photostud

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

Photostud

自身10度目となる挑戦も、やはり壁は厚かった。だが、リベンジのチャンスはすぐにやってくるかもしれない。その時に備え、天才騎手とダービー馬コンビは刃を研ぐ。

 武豊騎手が渇望していた、日本のチャンピオンホースで挑んだ凱旋門賞。ダービー馬ドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)という最強のパートナーを得て、過去100回の歴史で欧州以外の調教馬には一度たりとも凱歌を上げさせなかった堅い扉をこじ開けようとした気概に不足するものはなかったが、今年もその堅塁を抜くことはかなわなかった。目に見えないなにかに押さえつけられたようなスタートの遅さ、促しても促しても進んでくれない道中の鈍い行きっぷり。20頭立ての19着という厳しすぎる現実は、落胆以外の表現が見当たらなかった。敗因は重たすぎる馬場なのか、それ以外になにかがあったのか――。

 凱旋門賞当日のパリロンシャン競馬場の馬場状態は、10段階中、上から7番目のTRES SOUPLE(とても柔らかい)だった。ご承知のようにJRAの基準は良、稍重、重、不良の4段階で、それに合わせると「重」ということになる。

 その日の第1レースが始まる寸前に決して弱くない雨が降り始め、第4レースに組まれていた凱旋門賞のパドック周回を待っていたかのように、さらに強烈な雨が襲った。馬場はもう一段階悪化していた可能性が高いが、だとしてもオルフェーヴルがソレミアに寝首をかかれてクビ差2着に惜敗した'12年の馬場状態、COLLANT(粘着)と同等。「今年の凱旋門賞が特別に重い馬場だったということはありません」と、武豊騎手だ。事実、アルピニスタの勝ち時計は2分35秒71で、'21年トルカータータッソの2分37秒62、'20年ソットサスの2分39秒30より速かった。'12年のソレミアの勝ち時計だって、2分37秒68と今回より2秒近くかかっていたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3534文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

武豊
ドウデュース
友道康夫
松島正昭
トウケイヘイロー
ジェニアル
エントシャイデン
ノーザンファーム

競馬の前後の記事

ページトップ