濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

「かけがえのない存在、かな」ついにタッグ再結成、中野たむ&なつぽいは息が合わないから強い?「譲り合ったらウチらじゃない」《Wグラビア対談》 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2022/08/20 17:04

「かけがえのない存在、かな」ついにタッグ再結成、中野たむ&なつぽいは息が合わないから強い?「譲り合ったらウチらじゃない」《Wグラビア対談》<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

今年7月、コズミック・エンジェルズに電撃移籍したなつぽいとリーダー中野たむが、互いへの思いを打ち明けた

たむ「未奈もうなも、なっちゃんが来たことで強くなる」

 なつぽいがたむと組むことになると、メンバーの白川未奈が複雑な顔になった。中野たむの“正パートナー”は自分じゃないのかと。そうなるとウナギ・サヤカが面白くない。コズエンでタッグといったらピンクカブキ(白川&ウナギ)だろうと。それぞれ言いたいことはあるが、それを腹に溜め込まないからユニットの雰囲気が悪くなることはない。

たむ「パートナー問題、ありますね(笑)。でも嫉妬って女の子には一番のエネルギーなんですよ。失恋したら“あの人の新しい彼女より可愛くなってやる”と思うじゃないですか。未奈もうなも、なっちゃんがコズエンに来たことでもっと強くなるはずです。そこは期待しかないですね」

 現在、コズエンはフリーユニット「COLOR'S」と連合軍を組んでいる。彼女たちもアクトレスガールズを離れてきた。白川とウナギは東京女子プロレスにいた。気がつけば、なつぽいの周りは歴史を共有している選手ばかりになった。それぞれがいろいろあって、とにかくプロレスに打ち込んで、その結果、いまスターダムというトップ団体で力を合わせる。そんな「エモさ」も彼女たちの魅力だろう。

たむとなつぽいの“一番の武器”

 8.21名古屋大会では、たむとなつぽいのタッグ王座戦だけでなく、白川&ウナギ&SAKI(COLOR'S)が6人タッグベルトに挑む試合もある。狙うはチーム王座の独占だ。それがスターダム最強ユニットの証になる。

なつぽい「これから革命が始まります。具体的には何なんだってよく聞かれるんですけど、そんなつまんないこと聞くなって(笑)。見てれば分かります。コズエンがスターダムの中心になるし、コズエンがスターダムにいないと面白くないと言わせたい。というか、そうなりますから」

たむ「私たちを見ながら答え合わせをしてください。実現した時に“これが革命だったのか”ということが起きます」

 タイトルマッチに関して「チームとしても個々の力としても負けない気がする。何だか不思議と自信が湧いてくるんですよ」となつぽい。スターダムでのタッグ歴は浅いが、それを補って余りある“愛憎の歴史”が、彼女たちの武器だ。

(撮影=杉山拓也)

#1から読む衝撃のユニット脱退はなぜ…スターダムの“絶対的ヒロイン”なつぽいが語る真相「心の底から“潰してやる”と思われたかった」《特別グラビア》

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中野たむ
なつぽい
コズミック・エンジェルズ
DDM
スターダム

プロレスの前後の記事

ページトップ