SCORE CARDBACK NUMBER

36歳のパイオニア山田章仁、故郷・九州で新たな挑戦へ。

posted2022/08/17 07:00

 
36歳のパイオニア山田章仁、故郷・九州で新たな挑戦へ。<Number Web> photograph by Akihito Yamada

活動休止した九州本拠のコカ・コーラとサニックスのジャージーの前で。来季リーグワンは'22年12月に開幕予定

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Akihito Yamada

 九州のラグビー党には久しぶりに明るいニュースだったろう。

「この度、地元九州でプレーできることを本当に嬉しく思っています」

 7月20日、リーグワンD3九州(旧九州電力)は北九州市出身のWTB山田章仁の加入を発表。チームのHPにも山田のコメントが躍った。

「ラグビーを通じて九州を盛り上げることができるよう全力で頑張りたいと思っておりますので、みなさん、何卒よろしくお願いします」

 山田といえば観る者を笑顔にさせる選手だ。'15年W杯での南アフリカ戦勝利など日本代表で25キャップ。そのW杯のサモア戦では相手タックルを一回転してかわす『忍者トライ』で世界を驚かせた。旧トップリーグでは'12年度に歴代最多となるシーズン20トライを達成するなどトライ王を2回、プレーオフMVPも歴代最多の3回獲得。日本代表のエディー&ジェイミー両HCも「ヤマダは舞台が大きくなるほど活躍するスターだからね」と笑顔でビッグゲームで桜のジャージーを託した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 511文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

山田章仁
九州電力キューデンヴォルテクス

ラグビーの前後の記事

ページトップ