オリンピックへの道BACK NUMBER

羽生結弦はなぜ“スケーター達からも”愛されるのか? 仲間とのハグ、語り合った“リスペクト”「これまでの交流は、羽生の財産でもある」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/JMPA

posted2022/08/14 11:04

羽生結弦はなぜ“スケーター達からも”愛されるのか? 仲間とのハグ、語り合った“リスペクト”「これまでの交流は、羽生の財産でもある」<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

今後はプロスケーターとして、新たな道を歩む羽生結弦。振り返ると、多くのスケーターたちに愛され、切磋琢磨したこれまでの日々があった

羽生「リスペクトがあるからこそ勝ちたい」

 2019年に行なわれた世界選手権ではチェンが優勝、羽生は2位だった。

「彼に対してのリスペクトがすごいあるからこそ、やっぱり、リスペクトがあるからこそ勝ちたいなってすごく思うので。もっと、いろいろやりたいです」

 北京五輪の試合を終えたあと、記者会見の冒頭では、質問を受ける前に自らこう語っている。

「金メダルを獲ったネイサン・チェン選手はほんとうに素晴らしい演技だったと思いますし、やっぱりオリンピックの金メダルって、ほんとうにすごいことなんです。僕もオリンピックの金メダルを目指してずっと頑張ってきましたし、そのためにネイサン選手もたくさん努力してきたんだと思います。彼には4年前の悔しさがあって、それを克服した今があって、ほんとうに素晴らしいことだと思っています」

スケーターたちとの絆も、羽生の財産

 多くのスケーターから敬意を寄せられる羽生は、羽生自身もまた、競い合い、フィギュアスケートという世界では仲間であるスケーターたちへの敬意を隠さなかった。

 オリンピックや世界選手権、グランプリ・ファイナルなどで数々の結果を残しつつ、羽生が見せてきた姿勢は、羽生自身に敬意が集まる理由であったし、大きな影響力を持つ存在になれた要因でもあった。会見直後からの幅広い反響、労いや祝いの言葉の数々はそこから起きているようにも思える。

 北京五輪のエキシビションでの、参加したスケーターたちとの楽しそうな表情でのやりとりや交流もまた、その産物の1つだ。そしてそれは、プロスケーターとしてさまざまなスケーターとともに滑るであろうこれからの財産でもある。

 これからも、どのようなスケーターと同じときを過ごすことになるのか、興味深い。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
羽生結弦
ネイサン・チェン
ハビエル・フェルナンデス
宇野昌磨
ソチ五輪
平昌五輪
北京冬季五輪

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ