SCORE CARDBACK NUMBER

森保JのE-1優勝から考える本大会“ユニット”選考の可能性。

posted2022/08/09 07:00

 
森保JのE-1優勝から考える本大会“ユニット”選考の可能性。<Number Web> photograph by KYODO

韓国に勝利し初タイトルを手にした森保監督は「Jリーグの価値を上げようと志してくれた」と国内組を労った

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

KYODO

 日本代表が“F・マリノスユニット”効果で2013年以来となるE-1選手権制覇を果たした。優勝するには勝利しかない、最終日の韓国代表戦。森保一監督はJ1で首位を走る好調・横浜F・マリノスから招集した7人のうち6人を先発に並べた。これが当たった。

 サイドからの分厚い攻めはまさにハマのエッセンス。後半4分だった。右サイドバックの小池龍太が谷口彰悟からのフィードを引き出して裏を取ると、攻め急ぐことなく味方の上がりを待って最後は20歳の藤田譲瑠チマがファーサイドの相馬勇紀の先制ヘディング弾を呼び込んでいる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 650文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

森保一
横浜F・マリノス
小池龍太
藤田譲瑠チマ
西村拓真
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ