SCORE CARDBACK NUMBER

初勝利サインツJr.への祝福の中、苦い後味を残すフェラーリの作戦。

posted2022/07/20 07:00

 
初勝利サインツJr.への祝福の中、苦い後味を残すフェラーリの作戦。<Number Web> photograph by Getty Images

イギリスGPでサインツ(前)が念願の1勝を挙げたが、チームとしては最大ポイントの獲得を逸したフェラーリ

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 雨の予選で初めてのポールポジションを獲得したカルロス・サインツJr.がレースでも初勝利を飾った。2015年のF1デビュー以来150戦目のイギリスGP――ただし、150という数字を大袈裟に捉える必要はない。サインツが“勝てるマシン”を手にしたのは、今シーズンが初めてのことだから。

「このスポーツから何かを学んだとしたら、それは“信じ続ける”ということだった」と、喜びの中で語った。予選後とも異なる表情は、解放された晴れやかさに満ちていた。

 速いマシンを手にしながら、天才シャルル・ルクレールのようには操れず苦労してきた前半戦。罠に陥るようにミスも重ねた。自らのドライビングスタイルを研究しつつ、マシンをつかみ始めたシーズン中盤、シルバーストンの予選では恵みの雨が降った。トリッキーなコンディションは彼の得意分野なのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 556文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

カルロス・サインツJr.
フェラーリ

F1の前後の記事

ページトップ