Number ExBACK NUMBER

「芸人なのに真剣にスポーツなんて…」マラソン活躍の裏でネタ番組のオファーは激減、猫ひろし(44)が抱えていた葛藤 

text by

音部美穂

音部美穂Miho Otobe

PROFILE

photograph byShiro Miyake

posted2022/06/24 11:01

「芸人なのに真剣にスポーツなんて…」マラソン活躍の裏でネタ番組のオファーは激減、猫ひろし(44)が抱えていた葛藤<Number Web> photograph by Shiro Miyake

マラソンのカンボジア代表としてリオデジャネイロ五輪にも出場した、お笑い芸人の猫ひろし

「芸人なのに、という不安も…」生まれた葛藤

 マラソンによって真面目さがクローズアップされたからなのだろうか。マラソンの仕事が増える一方で芸人の仕事はどんどん減っていった。テレビのネタ番組だけでなく、それまでは多かった学園祭の仕事も激減したという。

 今でこそ、真面目さやストイックさを打ち出す芸人もいるものの、この当時はまだ、「芸人は破天荒でナンボ」という雰囲気が残っていた時代。人知れず、葛藤したこともあったという。

「週末、他の芸人さんは学園祭でネタをやっている時に、僕だけマラソン大会に出たり、マラソン関連の講演会で『頑張って練習すれば、夢は叶います!』なんて熱弁をふるったりしていて(笑)。

 そんな自分に対して、最初は『これでいいのか?』と思い悩んだ時期もありました。

 芸人なのに真剣にスポーツをやることが世間にどう思われるのだろうか、という不安もあった。実際、『猫ひろしは、どこに向かっているんだ?』なんてメディアにも書かれていたし。『ほっとけよ』って思いながらも、自分もどこに向かっているのかなんて分かっていなかったですからね」

五輪レースで話題を呼んだ「ラッセーラー、ラッセーラー」

 しかし、次第にその葛藤は消えていった。それは、“笑い”と“ストイック”という点で相対するものだと考えていた芸人とランナーが、実はどこかでつながっているということに気づいたからだ。

「インドネシアで開催された大会で走った時、地元の子どもが僕のところに寄ってきて『その帽子、ちょうだい』って言ってきたんですよ。『あなたは笑顔で、一番楽しそうに走っていたから』って。それまで僕は、自分自身のためだけに走っていると思っていたけど、僕の走りを見て喜んでくれる人がいるのだと初めて気づいた。ある意味、芸人の仕事と通じるものがあるかもしれないなって思ったんです」

 2016年、国籍を変更してカンボジア人として出場したリオデジャネイロ五輪の舞台でも、猫のゴール後のパフォーマンスは、世界中に配信され、話題を呼んだ。

「ゴール後、スタジアムで『ラッセーラー、ラッセーラー』って踊っていたら、客席からカンボジアコールが沸き起こって。各国の報道陣が寄ってきて、『なんでフルマラソン完走後にそんなに踊れるんだ』などと質問攻めにされました。僕としては、自分もテンションが上がっていたし、みんなにも楽しんでほしいから踊っていただけなんですけどね。

 ただ、そういうのはやっぱり芸人であった自分だからこそできることだと思うので。

 もちろん、走り続けているのは自分のためではあるけれど、結果的にギャグとはまた違う形で人を喜ばせることができているなら、それは芸人としても本望だなって思うんですよ」

<続く>

#2に続く猫ひろし「夜11時に仕事を終え、皇居の周りを40km走り…」オリンピック出場を叶えた、過酷すぎる“マラソンと芸人の両立”

関連記事

BACK 1 2 3
猫ひろし
谷川真理
中島進
オールスター感謝祭
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ