スポーツまるごとHOWマッチBACK NUMBER

Bリーグの熱狂を支える“フロアマーキング”のヒミツ、知ってる?「選手が滑ると、影響を疑われることも…」担当者の本音を聞いた

posted2022/06/19 11:00

 
Bリーグの熱狂を支える“フロアマーキング”のヒミツ、知ってる?「選手が滑ると、影響を疑われることも…」担当者の本音を聞いた<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

バスケットボールのフロアマーキング。こちらは約350,000円

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 近年、駅や商業施設の床には、案内やソーシャルディスタンスなどを示す粘着シートがいたるところに貼られ、彩り豊かになった。

 このシートは“フロアマーキング”と呼ばれ、スポーツの場でも活躍している。バスケットボールコートのセンターを飾る巨大なクラブロゴもそう。これがないとアリーナの熱狂は損なわれてしまうだろう。

 さて、Bリーグに所属する秋田ノーザンハピネッツなどのホームゲームで使用されるフロアマーキングを手がけるのは、プリンテック株式会社。製作管理グループの安藤毅さんが言う。

「Bリーグ以前のbjリーグ時代は、既存の粘着シートのロゴを使用していましたが、一度きりしか使えない。Bリーグ発足に伴い、シーズンを通じて何度も使えるシートを開発することになったのです」

営業担当の“元Bリーグ選手”が力説

 そして同社が2年がかりで完成させたのが「フロアマーキングWD」。これは特殊な素材でフロアに設置。選手の激しい動きにも耐え、剥がしてもべタつかないため再利用が可能になった。滑りによるケガを防ぐために、表面のラミネート加工も一からオリジナルのものを開発した。

「試作品ができるたびに選手に検証をしてもらい、さまざまなシューズとの相性をチェックし、綿密にアンケートを取ってきました」

 こうして完成したフロアマーキングWDのクラブロゴは、秋田ノーザンハピネッツ(横6100mm×縦3905mm)のデザインで約35万円。ファンの方は、これでリビングのフロアを飾ってみてはいかがでしょう。

 Bリーグでは激しい攻防が繰り広げられるゴール付近のペイントエリアにも、チームカラーの同製品が貼られている。営業グループの堀川竜一さんが苦笑交じりに言う。

「過去、このエリアで選手が滑ったりすると、ウチの製品の影響を疑われることもありました。選手はプロになって初めてフロアマーキング上でのプレーを経験するからです。実は私自身も3年前までBリーグでプレーしていて、要望を言う側でした。でも、自分がここで働き始めて、この製品がプレーヤーズファーストで作られていて、滑りにくくプレーにもほとんど影響を及ぼさないことがわかったんです」

 かつての選手がメーカー側にまわり、製品の良さを訴える。これほど説得力に満ちたアピールはないのである。

<W杯へ!サムライブルーの野望>日本代表、欧州に挑む。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1050

<W杯へ!サムライブルーの野望>
日本代表、欧州に挑む。

サッカー日本代表、海外組特集!

【新エースに訊く】
伊東純也「大物食いは、大好物」

【越境者たちの決意】
三笘薫/田中碧
南野拓実/吉田麻也
遠藤航/守田英正

【代表戦士製造工場】
フロンターレが日本を救う

【E組監督Wインタビュー】
森保一/ハンジ・フリック

【別冊付録】
新時代のモータースポーツ

定価:本体700円(税込)目次ページへ

関連記事

秋田ノーザンハピネッツ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ