ボクシングPRESSBACK NUMBER

「あの日、井上くんが控え室まで来てくれて…」“井上尚弥に敗れた王者”田口良一がいま明かす「引退まで、彼以上のボクサーはいなかった」 

text by

林壮一

林壮一Soichi Hayashi Sr.

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2022/06/06 17:03

「あの日、井上くんが控え室まで来てくれて…」“井上尚弥に敗れた王者”田口良一がいま明かす「引退まで、彼以上のボクサーはいなかった」<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

2013年8月25日、日本ライトフライ級タイトルマッチ。田口は初防衛戦の相手に井上尚弥(当時20歳)を指名。写真は前日計量での2人

「井上くんは、常にあんな気持ちで戦っているのでしょう。自分も、いつもバレラ戦のようにやっていたら、また違ったかもしれませんね。(WBA/IBFタイトルを失った)ヘッキー・ブドラー戦の時なんて『この人は紳士だな。人間性がいいな』なんて感じていましたから。あの試合は、コンディションをうまく作れずに負けてしまいましたが……」

 田口は2014年12月31日のWBAライトフライ級タイトル挑戦から、同タイトル8度目、IBF王座では初となった2018年5月20日の防衛戦まで、9度の世界戦を大田区体育館で戦った。同会場は、田口が中学校を卒業するおよそ半年前から、2週間に一度開かれていたボクシング教室に通った場所だ。

 後楽園ホールでのデビュー戦では、47人の友人や知人が3000円のチケットを買ってくれた。世界戦のリングに上がるようになると、何千倍もの人々が会場から声援を送ってくれるようになった。

 ラストマッチとなった2019年3月16日はWBOフライ級タイトルを保持していた田中恒成に挑み、判定負け。田口は「もう体が動かない」ところまで、戦い抜いた。

「ボクシングをやって本当に良かったと思っています。22~23歳の頃でしたか、毎月発表される日本ランキングで9位とか、10位くらいを行ったり来たりしていて、自分の成長を感じられなかったんです。ちょうど同じ時期にお世話になったトレーナーがジムを去り、止めようかと悩んだこともあります。2009年くらいですね。同級生が大学を卒業して安定した職に就いているのに、自分は不安定だなとも感じて、モチベーションが下がったんです。

 でも、そういうものも乗り越えて、自分は世界王座に就けました。繰り返しになりますが、世界チャンピオンになれたのは、井上戦があったからです。今後もボクシングとは、ずっと付き合っていきます。今、ボクシングを教えることが心の底から楽しいんですよ」

 井上尚弥との戦いは、その後の田口の人生を、より鮮やかなものとした。田口も今回のノニト・ドネア戦を楽しみに観戦すると言った。笑顔が爽やかだった。

<前編から続く>

#3に続く「ドネアがいつもと違う…減量苦かな」“井上尚弥を最も苦しめた男”が見た敗者ドネアの異変「自分が戦った20歳の井上くんとは別人です」

関連記事

BACK 1 2 3
井上尚弥
ノニト・ドネア
田口良一
黒田雅之
オマール・ナルバエス
田中恒成

ボクシングの前後の記事

ページトップ