村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『生きがいについて』外国語に訳せない「生きがい」、その正体を細かく分析した一冊。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/05/29 07:00

『生きがいについて』外国語に訳せない「生きがい」、その正体を細かく分析した一冊。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『生きがいについて』神谷美恵子著 みすず書房 1760円

 以前紹介させていただいたマルクス・アウレーリウス『自省録』の訳者としても知られる神谷美恵子さんの『生きがいについて』。精神科医としてハンセン病療養施設で働き、患者との交流を通じて「生きがいとは何か」を分析、追求する重厚な一冊です。病気との苦しい闘いのなかで捉え方を変えて、自分の人生に意味づけをしていく。これは今を生きる人々への問い掛けにもなっています。

「生きがい」という言葉は日本語にのみあって外国語には適した訳がないらしいと述べています。「あいまいさと、それゆえの余韻とふくらみ」があり「ひとくちにはいい切れない複雑なニュアンスを、かえってよく表現している」とのこと。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 643文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ