欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「U-21ドイツ代表の10番」は日本代表の資格あり 急成長の21歳アペルカンプ真大に直撃「日本から話が来れば…」 

text by

中野吉之伴

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2022/05/13 11:02

「U-21ドイツ代表の10番」は日本代表の資格あり 急成長の21歳アペルカンプ真大に直撃「日本から話が来れば…」<Number Web> photograph by Getty Images

デュッセルドルフで存在感を高めるアペルカンプ真大。近い将来、ドイツと日本のどちらの代表を選択するのだろうか

「プレッシャーを感じないように、なるべく頭のなかをフリーにしてやろうとしています。プロ1年目の去年は、もっとフリーにできていました。例えば内容の悪い試合でも『まだ1年目だから大丈夫。気にしなくていい』と守ってもらえました。だけど、2年目となると守られることはなくなります。サッカーなのでミスはしていいけど、大きなミスをしてはいけない。責任感を持って、プレッシャーを感じながらもっとできるようになりたい」

「デビューした頃よりも前向きにプレーできている」

 とはいえ、試合ではインテリジェンスを感じさせるプレーで攻守に貢献している。以前インタビューさせてもらったときに、「U-19の頃はボールを持ったときまだ余裕があって、U-23だとボールを持つとすぐにプレスが来て、トップチームでやると余裕がまったくない」と表現していたアペルカンプだが、そのあたりの感覚はどう変わってきているのだろうか。

「いまも余裕はないですけど、トップチームでデビューした最初の頃よりも、前向きにプレーできていると思います。プロでの練習にも慣れたし、スケジュールにも慣れてきて。そういう意味では、どういうシチュエーションでどんなプレーをするべきかという経験は積み重ねてこれているかと思います。以前よりクレバーになってきた感じかな」

 シーズン途中に成績不振を理由にクリスティアン・プロイサー監督が解任となり、ダニエル・ティウーヌが新監督に就任するとチームは持ち直すことに成功。就任後12試合は負けなしで6勝6分。第32節ハイデンハイムとのアウェイ戦を制し、2部残留を確定した。アペルカンプはティウーヌ体制下の12試合中11試合でスタメン出場している。

「新しい監督に関してはポジティブなことしか言えません。細かいところまで見ていて、練習からパスのときにどちらの足に出すべきかを追求している。いいことだと思います。試合でも、相手をしっかり分析してゲームプランを立ててくれています」

成熟度を高める田中碧とのコンビネーション

 戦い方が整理されたことは大きい。降格圏に沈んでいた頃は、ロングボールが行き交うことが多く、中盤選手はただただ走るだけという試合も多かった。そういう展開になると、アペルカンプが持ち味を出すのは難しい。

「僕がトップ下に入って、攻撃を組み立てるのは(田中)碧くんの役目。サイドバックとかセンターバックから碧くんにボールが入って、碧くんから僕にパスが入るというのが、いつも一番やってほしい攻撃の形だと思っています。だから、碧くんにボールが入ったら、うまくパスを引き出せるようにスペースに顔を出そうとしています。いまは僕的にはすごくやりやすい形になっています」

 第31節のドレスデン戦でも2人の連係でゴール前までボールを運び、チャンスを作り出すシーンが何度もあった。攻撃にバリエーションをもたらすアペルカンプと田中のコンビは、来季に向けて頼もしい限りだ。

【次ページ】 U-21ドイツ代表のチームメイトはすでにA代表へ

BACK 1 2 3 NEXT
アペルカンプ真大
田中碧
デュッセルドルフ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ