二所ノ関親方、部屋をつくるBACK NUMBER

「技術」――映像研究と鍛錬の掛け合わせ。

posted2022/04/22 07:00

 
「技術」――映像研究と鍛錬の掛け合わせ。<Number Web> photograph by 二所ノ関部屋

尾車部屋からの転籍組や、新弟子たちも加わり活気づく稽古場

text by

二所ノ関寛

二所ノ関寛Hiroshi Nishonoseki

PROFILE

photograph by

二所ノ関部屋

 春場所も終わって茨城に戻ると、桜が満開になっていました。いま、弟子たちは夏場所に向けて稽古に精進しています。

 春場所前、尾車部屋の力士が二所ノ関部屋に転籍してきたことで活気ある稽古場が実現しつつありますが、幕下の力士もおり、私が土俵で技術を指導する機会が多くなってきました。

 技術をどう伝達するか。その点についてはそれぞれの親方が考え、工夫を凝らしています。私が早稲田大学の大学院で研究していた時、部屋の経営と同時に興味を持っていたのは、最新のテクノロジーをどうやって指導に生かすかということでした。田子ノ浦部屋の部屋付きの親方として後輩たちを指導していると、言葉で説明するよりもタブレットを使って映像や画像で説明した方が、伝達速度が速く、正確だということに気づいたからでした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1228文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

二所ノ関部屋

相撲の前後の記事

ページトップ