二所ノ関親方、部屋をつくるBACK NUMBER

「勧誘」――門戸は広く。土俵にある可能性。

posted2022/02/17 07:00

 
「勧誘」――門戸は広く。土俵にある可能性。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

昨年12月8日、親方とともに母校の東洋大牛久高校で入門の記者会見を行った花房(左)

text by

二所ノ関寛

二所ノ関寛Hiroshi Nishonoseki

PROFILE

photograph by

Keiji Ishikawa

 初場所は、関脇御嶽海関の優勝で幕を閉じましたが、わが二所ノ関部屋からは花房が出世披露をさせていただきました。

 花房は茨城県の東洋大牛久高校の相撲部出身。私が茨城出身という縁もあり、2019年に引退した時から、彼の相撲を見ています。真面目で、人一倍汗をかき、突き押しが得意。基本的に馬力相撲が花房の持ち味で将来が楽しみです。

 ただし、アマチュア相撲と大相撲では育成法に違いがあります。特に、体については十五日間戦うための「大相撲仕様」の体を作っていかねばなりません。花房は高卒ですから3年ほど時間をかけ、これまで連載でご紹介させていただいたトレーニングや栄養面での知識を高めつつ、基本動作をみっちり仕込んでいきます。特に四股、腰割り、すり足といった基本的な動きには、強くなれるエッセンスが詰まっています。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1203文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

二所ノ関部屋
花房

相撲の前後の記事

ページトップ