二所ノ関親方、部屋をつくるBACK NUMBER

「建築」――こだわりの屋根の色と鉄砲柱。

posted2022/03/26 07:00

 
「建築」――こだわりの屋根の色と鉄砲柱。<Number Web> photograph by Tomosuke Imai

建設途中の二所ノ関部屋の様子(3月4日撮影)。ほぼ完成した緑色の屋根が青空に映える

text by

二所ノ関寛

二所ノ関寛Hiroshi Nishonoseki

PROFILE

photograph by

Tomosuke Imai

 春場所の真っ最中ですが、二所ノ関部屋に新しい仲間が増えました。2月に尾車部屋から8人の力士が転籍、さらには4人の新弟子が加わったことで、雰囲気がガラッと変わりました。本当に活気が出てきたのです。

 特に関取を目前にした東幕下八枚目の友風、同四十九枚目の竜風が加わったことで、入門して間もない10代の力士たちの目の色が変わってきました。私の持論に「幕下力士が大勢いる部屋は強くなる」というものがあります。十両昇進にギラギラした意欲を滾らせる力士が多ければ、自然と稽古場が熱を帯びます。それが二所ノ関部屋でも実現しつつあります。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1311文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

二所ノ関部屋

相撲の前後の記事

ページトップ