2021年M-1・全員インタビューBACK NUMBER

年間1000ステージ…超多忙・オズワルドが警戒するM-1決勝“未出場コンビ”5組の名前「そろそろ彼らの世代の番なんだろうなと」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2022/04/10 17:02

年間1000ステージ…超多忙・オズワルドが警戒するM-1決勝“未出場コンビ”5組の名前「そろそろ彼らの世代の番なんだろうなと」<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

結成7年で3年連続の決勝進出だったオズワルド。畠中悠(34歳、左)と伊藤俊介(32歳)。東京吉本所属

畠中 真空ジェシカ、ランジャタイさん、モグライダーさんあたりは、いつも一緒にライブをやってたメンバーなんですよ。

伊藤 僕らが外のライブに出始めた頃から、モグ(ライダー)さん、ランジャ(タイ)さん、錦(鯉)さんあたりは、ものすごいオーラを発してましたから。

畠中 同期の真空ジェシカもライブでの人気はすごかった。

――今回、そういう仲間と一緒にM-1決勝に出られて、また別の喜びもありましたか。

畠中 いや、むしろ怖いですよ。来ちゃったな、って。お笑い変態というか、お笑い偏差値の高い人たちの支持を集めていた芸人たちが、一般の人たちにも認知され始めたということですから。

伊藤 ただ、あの世代は今回、けっこう出尽くしたな。あと誰がいるかな。ケイダッシュのヤーレンズさんとかか。

畠中 今のM-1は、東京の小さな劇場でやっている人たちが、ものすごく出やすい雰囲気になってると思うんですよ。

畠中 その下が、また、とんでもなくたくさんいますから。劇場を賑わしているやつらが。ママタルトとか、ストレッチーズとか、赤もみじとか。もう彼らの番なんだろうなとも思いますしね。

――今年はこんなネタでいこうというのは、少しずつ、出てきているものなのですか。

伊藤 このネタの作れなさは、やばいですね。時間がなくて。ネタもそうなんですけど、笑いを取れるフレーズみたいなのも、どんどん使えなくなってくると思うんですよ。「○○だってさー!」とか。

――あれは決め台詞のようなものではないんですか。

伊藤 いや、そういうところから飽きられてくるんで。もう使えないですね。

――2020年からネクタイを締めるようになったのはなぜなんですか。

伊藤 去年とは違うぞって雰囲気を出すのに、見た目の変化はいちばん手っ取り早いですから。

畠中 去年は、シャツの色を変えました。

伊藤 今年はジャケットを着ます。

――スーツを着るようになって、周りの見る目が変わったという話は、よく聞きますよね。ジャルジャルとか。今大会もロングコートダディがそうでしたよね。

畠中 男性ブランコさんもスーツを着るようになって去年、初めて準決勝まできましたから。けっこうでかいんですよ、衣装って。

――オズワルドにも切り札が、まだ残っていたわけですね。

伊藤 サスペンダーでやれることは、すべてやり尽くしたので。

<#1、#2から続く>

(写真=石川啓次)

#1から読むオズワルドがいま振り返るM-1の“大失速”「もう、大失敗!ほんと苦しい」「あのあと和牛さんやチョコプラさんがめっちゃ優しいんです」

関連記事

BACK 1 2 3
和牛
チョコレートプラネット
ロッチ
ハライチ
オール巨人
松本人志
立川志らく
インディアンス
上沼恵美子
ダウンタウン
ミルクボーイ
もも
ロングコートダディ
塙宣之
中川礼二
富澤たけし
ヤーレンズ
ママタルト
ストレッチーズ
赤もみじ
男性ブランコ

他競技の前後の記事

ページトップ