SCORE CARDBACK NUMBER

労使交渉難航で、開幕は延期。選手会が「徹底抗戦」となった理由。

posted2022/03/21 07:00

 
労使交渉難航で、開幕は延期。選手会が「徹底抗戦」となった理由。<Number Web> photograph by Getty Images

コミッショナーのロブ・マンフレッドは1度目の開幕延期を発表した会見で笑顔を見せ、ファンから反感を買った

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 3月10日、新労使協定がようやく合意に達した。ロブ・マンフレッド・コミッショナーが従来通りの162試合実施とロックアウト解除を発表。31日に予定されていた開幕は4月以降に延期される。

 旧労使協定が失効し、オーナー陣がロックアウトに踏み切った昨年12月2日以前から、協定改正を巡ってオーナー陣と選手会の交渉が難航することは予想されていた。

 ぜいたく税の課金対象となる年俸総額、最低保証年俸など、表面的な金銭条件だけではない。プレーオフ進出を真剣に目指さず、積極的な補強をしないだけでなく、有望な若手選手の出場登録日数を制限し、FA取得を先延ばしにする「アンフェア」な策略が頻出する現状に、選手会が「NO」を突きつけたのは必然だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 608文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ロブ・マンフレッド

MLBの前後の記事

ページトップ