SCORE CARDBACK NUMBER

競り勝ち、引っ張り、押し返す。日本代表を支える酒井宏樹の“技”。

posted2022/03/01 07:00

 
競り勝ち、引っ張り、押し返す。日本代表を支える酒井宏樹の“技”。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

昨年11月のアウェー戦はケガで欠場するも、中国、サウジアラビア戦はともにフル出場。攻守でチームに貢献した

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama/JMPA

 さりげないタッチライン際のヘディングで相手に大打撃を与えてしまう。酒井宏樹はここにかけて天下一品だ。カタールワールドカップ出場に向けて絶対に勝たなければならなかった先のアジア最終予選、ホームのサウジアラビア戦。それは鮮やかに炸裂した。

 1-0で折り返した後半の立ち上がりだった。左サイドでボールを保持する日本は、ネジを巻いてきたサウジアラビアの強いプレッシャーにさらされてGKまでボールを下げざるを得なかった。流れの綱引きで見れば、サウジアラビア側がグイと引いてきたわけである。権田修一は右サイドのタッチライン際に長いボールを送る。そこに酒井がジャンプ一番、相手に競り勝って高い打点から首を振ると、極上のパスとなって前にいる伊東純也へ渡ったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

酒井宏樹
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ