Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[記録と、記憶と]村瀬心椛/岩渕麗楽「世界を震わせた無限大の可能性」

posted2022/02/26 07:00

 
[記録と、記憶と]村瀬心椛/岩渕麗楽「世界を震わせた無限大の可能性」<Number Web> photograph by Getty Images

銅メダルを獲得した村瀬心椛

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Getty Images

高さ50mのスタート台から滑り降り、空へと飛び立つビッグエア。見事メダルを獲得した17歳と、果敢な挑戦が喝采を浴びた20歳。記録と記憶に残った彼女たちの渾身の戦いぶりを振り返る。

 17歳が“真冬の大冒険”だ。

 スノーボード女子ビッグエア。北京市内の工業地帯につくられたその名も「首鋼ビッグエア競技場」で、高校2年生の村瀬心椛が宙を舞った。元製鉄所の巨大煙突をバックに、大技をダイナミックにメイク。3本滑り、回転方向の異なる2本のベストスコア合計点で競う決勝で合計171.50点となり、銅メダル。17歳でのメダル獲得は冬季五輪の日本女子最年少だった。

「オリンピックに出場してメダルを取るというのが小さいころからの夢だった。皆さんの力があって取れたメダル。本当にうれしいです」

 感謝の気持ちを一所懸命に伝えようとする姿が初々しい。だが、ひとたびボードに乗れば目指すは世界一の演技だけ。恐怖心のリミッターを外して宙を舞った。

 1本目は「バックサイド・ダブルコーク1080」で80.00点。2本目は「フロントサイド・ダブルコーク1080」をほぼパーフェクトにメイク。91.50点という高い得点にガッツポーズが飛び出した。

「2本目で意識したのは、ぶっ飛んで、グラブを長くつかんでビタビタに着って(着地して)やろうということ。それをやらないと表彰台に乗れないと思っていたので、自分で(板を)メチャクチャ走らせました。けっこう飛べたので良かった」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1453文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

村瀬心椛
岩渕麗楽
鬼塚雅
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ