Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ドキュメント]羽生結弦「史上最強の自分と跳べた」

posted2022/02/24 07:04

 
[ドキュメント]羽生結弦「史上最強の自分と跳べた」<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Sunao Noto/JMPA

94年ぶりの五輪3連覇と、そのために「絶対に必要」と語った4回転アクセル。2つの大いなる挑戦の舞台で訪れた予想外の不運。表彰台には届かずとも、故障を抱えながら全てを出し切った演技のさなか、羽生に手を差し伸べたのは――。

 外から、歓声が聞こえてくる。何十人、いや、もっとたくさんいるだろう。場内に届くその声は少しずつ近くなり、大きさを増していった。会場へと徐々に向かっている様子がありありと伝わってきた。

 2月14日、羽生結弦は試合から4日後に初めてサブリンクで練習したあと、メインプレスセンター内の記者会見場に現れた。

 場内には既に100名をゆうに超える取材者がいた。座席がなく立っている人の姿も少なくない。会見場の内外にいまだ渦巻く熱気は、今大会で羽生が置かれていた立ち位置を明確に示しているようだった。

「僕にとって平昌オリンピックまでが完全に夢の舞台でした。ソチオリンピックと平昌オリンピックと両方とも金メダルを取って2連覇して、そこまでが僕が小さい頃から描いていた夢であり、具体的な目標でした。正直言って、3連覇というものをあんまり考えずに過ごしてきました。ただ僕が今置かれている状況だったり、僕が今挑んでいる技だったり、また、いろんな年齢でオリンピックに向けて全力で頑張っている、いろんな選手たちの姿を見て、フィギュアスケート男子シングルで3連覇の権利を有しているのは僕しかいないので、もちろん夢に描いていたものではなかったかもしれないですけど、その夢の続きへしっかりとまた描いて、あの頃とはまた違った、前回と前々回とはまた違った強さで、オリンピックに臨みたいと思っています」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4645文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

羽生結弦
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ