SCORE CARDBACK NUMBER

941日ぶり復帰のトンプソンが回顧。「トンネルの先には光がある」

posted2022/01/25 07:00

 
941日ぶり復帰のトンプソンが回顧。「トンネルの先には光がある」<Number Web> photograph by Getty Images

クリーブランド・キャバリアーズ戦で復帰したトンプソン(右)は、17得点、3リバウンド、1ブロックをマーク

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

「ヒーズバック!!」

 1月9日、試合前の選手紹介でPAアナウンサーが高らかにそう宣言し、クレイ・トンプソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)の名前を呼びあげた。ベンチでひとしきりファンの喝采を味わったトンプソンは、ゆっくりと立ち上がるとチームメイトの輪に加わった。

 試合後にこのときについて聞かれたトンプソンは、「特別な時間だった。一生忘れないと思う。離れていたすべての日々の価値があるぐらい、特別だった」と振り返った。

 941日。トンプソンが2019年6月13日にNBAファイナル第6戦で左膝の前十字靭帯を断裂してから、'22年1月9日の試合で復帰するまでの日数だ。前十字靭帯断裂の17カ月後、復帰を目前に右アキレス腱を断裂。少し前なら選手生命を終えていたほどの重傷を続けて負い、長く、辛いリハビリ期間となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 530文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

クレイ・トンプソン
ゴールデンステイト・ウォリアーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ