SCORE CARDBACK NUMBER

クレイ・トンプソンの献身と、ウォリアーズに留まる理由。~他へ行けばどこだってエースになれるとしても~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/02 16:00

クレイ・トンプソンの献身と、ウォリアーズに留まる理由。~他へ行けばどこだってエースになれるとしても~<Number Web> photograph by Getty Images

キャリア平均42.2%の3Pシュート成功率を誇るトンプソン。直近4季連続で1試合平均20得点以上を記録中だ。

 ゴールデンステイト・ウォリアーズに4人いるオールスターのなかで、最も話題になることが少ない選手といえば、クレイ・トンプソンだ。ケビン・デュラントやステフィン・カリーほど華やかな活躍をするわけでもなく、ドレイモンド・グリーンほど問題発言をするわけでもない。ただ黙々と自分に与えられた役割をこなす彼は、いつも3人の陰に隠れている。

 実力はトップレベル。特にシュートとディフェンスはNBAでも一流で、より大きな役割を任されれば、エースとして開花しそうだ。実際、彼がFAになる来年夏には狙い撃ちするチームも多いと噂される。他チームにすれば、彼を獲得できればウォリアーズの牙城を崩すこともできるのだから、一石二鳥だ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ
クレイ・トンプソン

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ