SCORE CARDBACK NUMBER

NFL、NHLで集団感染発生。それでも新変異株対策は二の次か?

posted2022/01/10 07:00

 
NFL、NHLで集団感染発生。それでも新変異株対策は二の次か?<Number Web> photograph by Getty Images

有観客となった'21年、係員はマスク等の着用を呼びかけた。しかし、シーズン終盤は観客の「ノーマスク」が常態化

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 コロナ禍の終息が見えないながらも、2021年のMLBは、無事に162試合の公式戦を消化した。'20年は60試合に短縮され、昨季も開幕戦「ナショナルズ―メッツ」の3連戦が延期されるなど、当初は不安材料が多かったものの、10月末のワールドシリーズまで何とか全日程を終えた。だが、年末以来、新たな変異株「オミクロン株」が世界的に流行したことで、'22年のシーズンが無事に実施できる保証はない。

 シーズン終了後、オーナー側と選手会との新労使協定交渉が暗礁に乗り上げ、「ロックアウト」となったこともあり、現在、労使問題の解決が最優先されるのは仕方ない。ただ、新たなコロナ対策が「二の次」にされていることも否定できない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 608文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

MLBの前後の記事

ページトップ