SCORE CARDBACK NUMBER

佳境を迎える大学選手権。でも、試合数が少なすぎない?

posted2022/01/08 07:00

 
佳境を迎える大学選手権。でも、試合数が少なすぎない?<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

大学選手権の4回戦、明大×天理大の試合終了間際。昨季王者の天理大は終盤に反撃を仕掛けるも届かなかった

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 王者のシーズンは、暮れを待たずにピリオドを告げた。12月18日の花園ラグビー場。大学選手権連覇を目指した天理大は、初戦の4回戦で明大に17-27で敗戦。8強にも残れずにシーズンを終えたのだ。

「関西3位と対抗戦3位の戦い。関西のためにも何とか勝ちたかった」

 小松節夫監督はそう悔しさをにじませ、「昨季のメンバーが大勢抜けて、春先はケガ人も多くて、チーム作りが難しかったけれど、試合ごとに成長を感じていました。このチームがここで終わってしまうのは残念です」と、深く息を吐き出した。

 惜しいな、と思う。大学ラグビーでは12月の選手の成長がすごい。試合を重ねた経験値は選手の引き出しを増やし、プレーの精度も判断力もコミュニケーション力も、二次関数的に急角度で高まるのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 593文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

天理大学
小松節夫
大東文化大学

ラグビーの前後の記事

ページトップ