Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[36歳、3部からの挑戦]畠山健介「帰ってきた空飛ぶ横綱」

posted2022/01/09 07:03

 
[36歳、3部からの挑戦]畠山健介「帰ってきた空飛ぶ横綱」<Number Web> photograph by Akito Iwamoto

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

Akito Iwamoto

現役最多の78キャップを誇るベテランが、3シーズンぶりに日本復帰を果たした。イングランド、そしてアメリカでもプレーした歴戦のプロップが新リーグに懸ける思いとは。

 落胆を高揚へ変えるのは矜持である。そいつがあれば試練にも実力を磨ける。

 畠山健介を書くのだが畠山健介のことではない。豊田自動織機シャトルズ愛知についての書き出しだ。リーグワンのディビジョン分けで「3部」を告げられた。トップリーグのひとつ下のトップチャレンジリーグ1位、いわば「2部の覇者」であったのに審査はなんともつれなかった。

 気持ちは沈む。当然だ。でも誇りを抱いて前を向く。これも当たり前だ。ラグビーと人生は続くのだから。

 そこへ空飛ぶ横綱がやってきた。だれが呼んだか「フライング・ヨコヅナ」。ジャパンで78キャップ。アンカー(船をぐらつかせぬイカリ=右プロップ)として、その数だけのテストマッチに出場してきた。無慈悲な巨人国、南アフリカの猛者に「まさかこんなことが」と人間の深みを教えた痛快もある。2015年9月の出来事だ。

 あれから6年、2021年の10月、シャトルズへの入団が明らかとなった。

「ディビジョン1、2と比べても、選手の能力で劣るわけではない。ポテンシャルはあります。そこにコミットできて楽しい」

 本拠のある愛知県刈谷市に単身赴任で暮らす。この日の午前も近隣の小学校で鬼ごっこのようなタグラグビーの講師を務めるチーム活動に励んだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2349文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

畠山健介
豊田自動織機シャトルズ愛知

ラグビーの前後の記事

ページトップ