Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[平昌五輪からの成熟]坂本花織「4年前とは違う覚悟で」

posted2022/01/07 07:01

 
[平昌五輪からの成熟]坂本花織「4年前とは違う覚悟で」<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Sunao Noto/JMPA

若さと勢いで奇跡のように代表の座を射止め臨んだ平昌の舞台。その後の挫折と転機を越えて、彼女が迎えた4年に一度の冬。“緊張”の意味も変わってきたエースが描いた成長の軌跡を辿った。

 印象的なスピンとともに曲が終わり、フィニッシュ。その瞬間、観客席の人々が一斉に立ち上がり、拍手で称えた。コーチに出迎えられると意外な言葉がこぼれた。

「怖かった――」

 そのときの心境を振り返る。

「今日は……今日もなんですけど、相変わらず緊張がすごくて、ショートの時よりだいぶ緊張していて、最初の(ダブル)アクセルで傾いてしまったのでヒヤッとしたんですけど、そこから最後まで持ちこたえられてよかったです」

 11月13日、坂本花織はNHK杯連覇を果たした。前年がコロナ禍でほぼ国内大会同様のメンバーでの優勝だったことを考えると、実質的にNHK杯、そしてグランプリシリーズの初制覇と言えた。緊張と戦い、打ち克っての堂々たる優勝だった。

 坂本はこれまで何度も“緊張”について口にしてきた。しかしその意味は、あの頃とは大きく異なっている――。

 坂本の名が広く知られたのは'17-'18シーズンのこと。シニアデビューを飾ったこの年は平昌五輪を目前に控えるオリンピックイヤーでもあった。ただ坂本自身、シーズンスタート時点ではこの大舞台を明確な目標としては捉えていなかった。

「(オリンピックに)出られるとは考えていなかったです。ほんと、最初は『選ばれたら奇跡やな』と思っていました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2887文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

坂本花織
三原舞依
ブノワ・リショー
平昌五輪
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ