Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[高橋成美からのエール]三浦璃来&木原龍一「仲睦まじき最強ペア」

posted2022/01/08 07:03

 
[高橋成美からのエール]三浦璃来&木原龍一「仲睦まじき最強ペア」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

中止となったGPファイナルに、日本人同士のペアとして史上初の出場を決めていた「りくりゅう」ペア。北京五輪代表内定第1号となった2人の強さの秘密を、彼らをよく知る'12年世界選手権銅メダリストが語った。

 三浦璃来と木原龍一の2人が、笑みをたたえリンクを颯爽と駆け抜けていく。昨季の世界選手権10位、今季はGPシリーズで連続の表彰台入りを果たした2人を見て、誰もが「日本にこんな上手いペアがいたのか」と驚いたことだろう。ペアのソチ五輪代表の高橋成美は、2人の強みをこう語る。

「2人が評価されているのは、シングルの日本人選手ならではの強みが、ペアにプラスされたことです。日本人はもともと膝を使ったスケーティングや丁寧なエッジワークの技術は高い。でも今まではペアとしての技術が高くないことで『上手いシングルスケーターが一緒に滑ってる』と言われ、一人一人の良さも認められてこなかったんです。2人はペアとしての技術が世界トップクラスになったことで、改めてスケーティング力の良さがプラスされた印象です」

 木原は'13年1月にペアに転向し、わずか1年の準備で、高橋とともにソチ五輪に出場した。高橋はその五輪をこう振り返る。

「私たちの合い言葉は『勝ちに行こう』ではなく『怪我しないようにしよう』。団体戦の要員としてそこにいるだけの立場、期待されていないという居心地の悪さがありました。結局、団体戦では力になれなかったという思いが強かったです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2207文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

高橋成美
三浦璃来
木原龍一
ブルーノ・マルコット
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ