プロ野球PRESSBACK NUMBER

落合博満「上級生から殴られるのが嫌だった」東洋大中退からロッテ・ドラ3への6年間…落合は18歳~25歳のプロ入団まで何をしていた? 

text by

近藤正高

近藤正高Masataka Kondo

PROFILE

photograph byKYODO

posted2021/12/09 11:04

落合博満「上級生から殴られるのが嫌だった」東洋大中退からロッテ・ドラ3への6年間…落合は18歳~25歳のプロ入団まで何をしていた?<Number Web> photograph by KYODO

ロッテ時代の落合博満(1983年撮影)。1972年に秋田工高卒業後、東洋大中退、東芝府中を経て、1978年ドラフト3位でロッテ入団

 しかし、世界選手権後には10球団から誘いを受ける。訪ねてきたスカウトには全員に「ドラフトに挙げてくれたら、おたくへ行きますよ」と伝え、この年のドラフト会議で3位指名したロッテに入団する。プロ入りを決めたのは、あとで後悔したくなかったからで、だめだったらまた別の仕事を探せばいいというくらいの気持ちだったという。

 25歳でのデビューは、プロ野球選手としては遅い。リトルリーグから甲子園、大学野球と、いわゆる名門コースから外れてきたがゆえ、誰かに教えてもらう機会がほとんどなく、一人で自分の方法を見つけねばならなかった。それが結果的に彼をプロフェッショナルたらしめたという逆説がここにはある。<続く>

#2に続く落合博満68歳に…35年前“初めての本”に落合が書いた本音「選手は、勝つための駒にすぎないんだ」「野球をやるなら東京に限るね」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
落合博満
ロッテオリオンズ
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
ランディ・バース
東芝府中

プロ野球の前後の記事

ページトップ