将棋PRESSBACK NUMBER

《将棋会館イラスト取材》観る将マンガ家が驚きっぱなし「中村太地七段、心も手も美しい」「あ、あれ…渡辺明名人?」 

text by

千田純生

千田純生JUNSEI CHIDA

PROFILE

photograph byNanae Suzuki/Junsei Chida

posted2021/12/03 11:06

《将棋会館イラスト取材》観る将マンガ家が驚きっぱなし「中村太地七段、心も手も美しい」「あ、あれ…渡辺明名人?」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki/Junsei Chida

観る将マンガ家が将棋会館取材&千駄ヶ谷周辺を歩いたら、驚きの連続だった

「あ、あれ? た、中村太地七段ですよね? いやあ……実際にお目にかかれるなんて!」

「太地先生、こんにちは……驚きすぎて、自販機で買うお金落としちゃいました」

 そりゃ目の前にトップクラスのプロ棋士がいたら、誰もがときめいてしまいますよね。僕も編集担当さんもサッカー好きなので、こんな話に。

「そりゃ子供たちのサッカーイベントに突然、酒井宏樹選手や前田大然選手とかが現れた、なんて想像すると震え上がりますね」

 思いがけず棋士との近さを感じられるのが、将棋会館ならではの良さなのでしょう。

鳩森八幡神社付近でウロウロしていると……

 将棋会館の近くにある「鳩森八幡神社」にも寄りました。でも実は取材が楽しみすぎて、めちゃくちゃ早く到着したので、境内の中にある富士塚には将棋会館に入る前、すでに登っていました。勾配、結構きつかったです(笑)。神社内には詰将棋風になっている「王手勝守」があったり、お正月になると開帳される「将棋堂」など、将棋に縁深い場所なのだなと感じました。

 なおこの日は休日だったため、将棋めしの定番「鳩やぐら」はまだ準備中とのこと……無念。でも今度絶対に食べに来たいな、と思いつつ編集担当さんと2人でスマホをいじっていたら、スーツ姿の見覚えのある人が通り過ぎていきました。

「あ、あれ? わ、渡辺明名人?」

 先ほど道場にいた皆さんとまったく同じリアクションをしてしまいました。恐るべし、将棋会館周辺……。

 そんなこんなで、千駄ケ谷駅前に到着。東京体育館の向かい側の広大なスペースに、新たな将棋会館は移転予定とのこと。編集担当さんが「千駄ヶ谷は東京体育館、国立競技場、神宮球場、秩父宮ラグビー場と様々なスポーツの競技場がありますよね。個人的には“同じ対戦競技”として、将棋会館もその入り口であってほしいですね」と言っていました。確かにそうなればスポーツとともに一緒に盛り上がり、渋谷区と打ち出している《将棋の町》に名実ともになるのかなあ、とも。

 新・将棋会館については太地先生も「対局室が増えてほしいですね。椅子対局室も欲しいです。売店も大きくしてカフェもあったりすれば……」と数多くの夢を語っていて、全部実現してほしいなと思うばかりです。

 新たな名所として出来上がった際には……妻氏も連れてガンガン遊びに来ちゃうのは間違いなさそうです!(構成・茂野聡士/11月の将棋ハイライトに続く)

#1から読む「藤井聡太竜王、王将戦でどんなコスプレさせられるんだろう…」観る将マンガ家が描く《11月の将棋ハイライト》

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
渡辺明
中村太地

ゲームの前後の記事

ページトップ