プロ野球PRESSBACK NUMBER

ヤクルト高橋奎二の日本シリーズを高校の恩師がこっそり初観戦「泣かせるな、コイツって思いました」試合後の直電と感謝の言葉 

text by

沢井史

沢井史Fumi Sawai

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2021/12/02 11:02

ヤクルト高橋奎二の日本シリーズを高校の恩師がこっそり初観戦「泣かせるな、コイツって思いました」試合後の直電と感謝の言葉<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

2015年の夏、京都大会4回戦で敗れて号泣する龍谷大平安・高橋奎二の肩を抱く原田英彦監督

 現在、指揮を執る高津臣吾監督は、同じ投手出身。二軍監督時代から高橋を指導してきた。

「ホンマに大事にしてくれているというのがよく分かります。今、奎二は150キロを超えるボールを投げるようになりましたが、今の筋力では回復力が遅く、(次の登板まで)時間がかかるとコメントされているのを見ました。今年は二軍スタートでしたが、今となってもローテーションを10日以上空けてくれていました。それは正解だなと思います」

 プロ3年目に一軍で初登板を果たしてからさらに3年後の今年、日本シリーズでプロ初完封勝利を挙げた。スタンドからそんな教え子の快挙を並々ならぬ思いで眺めていた。

「嬉しくて涙が出ました。1戦目でああいう負け方をしたので、2戦目は相当なプレッシャーがあったと思います。正直、そこが心配で……。そんな大事な試合でコイツが先発かい、と(笑)。でも、試合前のキャッチボールの球も唸っていましたね。やっぱり奎二は“持っているな”と思いました」

 初完封の試合後、原田監督のもとに、高橋から電話がかかってきたという。

「毎回、マウンドに向かうごとに監督さんの顔を見て気合いを入れていました。監督さんに来ていただいて本当に良かったです。ありがとうございました、と言われてね。泣かせるな、コイツって思いました」

 ただ、原田監督はこんな懸念も抱いていた。

「奎二は1球に対してすごくエネルギーを込めて投げていますが、そうすると回復が遅くなる。石川雅規投手のように楽に強い回転のいいボールを投げられるのがプロのピッチャーです。今後も勝ち続けていくのなら、その辺りがどうなっていくかですね」

原田監督の教えを帽子に刻む高橋

 高橋の帽子のつばには「気」という文字が刺しゅうされている。「弱気も強気も短気も全ては気持ちの持ちよう」と、高校時代に諭された原田監督の座右の銘だ。恩師の思いを大事にしながら、野球最高峰の舞台で闘っている。「それはものすごく嬉しい」と教え子が自身の思いを引き継いでくれていることに感謝をしつつも、今後も静かに見守っていきたいと思っている。

「今年は家庭を持って環境が変わりましたが、一層周囲から見られる、ちゃんとしないといけない、という環境に置かれたことが奎二にとってはプラスになったんじゃないかと思います。今後はローテーションの柱になることと、無敵になること。あとはプロで何年できるかでしょうね。

 今は年下の奥川(恭伸)君が出てきて、その次を任されている。それも良い刺激になっていると思いますが、若い選手がこれからどんどん出てくる中で、長く野球ができるよう体のケアをしっかりやって、今までやってきたこともしっかり継続して欲しいですね。でもまあ、どれだけの教え子でもプロ野球界で活躍できることは凄いです。だから“赤ちゃん”なんて呼べませんよ、今は」

 高校時代から送り続けてきた厳しくも温かい恩師の思いは、きっと高橋奎二本人の心にも届いているはずだ。

#2に続く恩師は「20歳・奥川恭伸」をどう見た? 星稜高時代と共通する“翌年の成長”と山本由伸からもらった“宿題”とは

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
龍谷大平安高校
原田英彦
高橋奎二
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ