野球クロスロードBACK NUMBER

“岩手の新怪物”佐々木麟太郎が全国に突きつけた「回答」 大谷翔平も立てなかった舞台で、なぜ「打率6割、2本塁打」を打てたのか 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2021/11/25 11:01

“岩手の新怪物”佐々木麟太郎が全国に突きつけた「回答」 大谷翔平も立てなかった舞台で、なぜ「打率6割、2本塁打」を打てたのか<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

初となる全国の舞台で10打数6安打の打率6割、9打点、2本塁打。新怪物・佐々木麟太郎の足跡は確かに全国に刻まれた

 同点とした直後の8回裏に勝ち越しを許し、花巻東は9-10で惜敗した。「流れを持っていけずに悔しい」と唇をかむように嘆くも、麟太郎は「全国レベルのピッチャーはなかなか打ちづらいなか、チームの3番として責任を果たせたのが大きな収穫」と顔を上げた。

菊池雄星、大谷翔平も立てなかった舞台で…

 3試合を戦い10打数6安打の打率6割、9打点、2本塁打、2四死球。花巻東の「新怪物」の足跡は、確かに全国に刻まれた。

 花巻東を巣立ち、メジャーリーガーとなった菊池雄星と大谷翔平ですら踏めなかった神宮球場。麟太郎はその場所を「景色」という言葉を用い、想いを馳せていた。

「自分たちが憧れている先輩方がたどり着けなかった舞台、見たことがない神宮の景色。『花巻東の歴史を刻むんだ、自分たちで道を切り開くんだ』という気持ちをチームで大事にして練習してきたので、その舞台でチームの勝利にしっかり貢献したいです」

 学生野球の聖地で爆発し、自らのバットで道を切り開き、花巻東の新たな歴史を刻んだ。

「レベルアップさせるところはまだまだある」

 父である監督の洋は、チームとして神宮大会で戦えた収穫を簡潔に結ぶ。

「1回戦からレベルが高いピッチャーやバッターと触れ合えた、神宮球場で試合をやれた経験は来年に繋がると思います」

 その収穫を来春、今度は高校野球の聖地で証明する。導かれし強者たちが集結する甲子園。メインターゲットはもちろん、通算49発の花巻東・佐々木麟太郎となるだろう。

 センバツの主役候補が言う。

「スイングの力をつけたり、変化球に対応することだったり、レベルアップさせるところはまだまだあるので。これからしっかり、チームのために上げていきたいです」

 この謙虚さが、どこまでも麟太郎の能力を引き出させる。相手にマークされようが、厳しく攻められようが、最後には打つ。

 それはきっと、甲子園でも変わらない。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
花巻東高校
佐々木麟太郎

高校野球の前後の記事

ページトップ