濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

「あれチョークっていうの?」ボビー・オロゴンが初参戦のRIZINで見せた実力は“本物”なのか? 14年ぶりMMAで放たれた“規格外”の能力とは 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byRIZIN FF Susumu Nagao

posted2021/11/23 17:01

「あれチョークっていうの?」ボビー・オロゴンが初参戦のRIZINで見せた実力は“本物”なのか? 14年ぶりMMAで放たれた“規格外”の能力とは<Number Web> photograph by RIZIN FF Susumu Nagao

14年ぶりの総合復帰戦となったRIZIN.32にて、北村克哉に勝利したボビー・オロゴン。

 格闘技デビュー時からトレーナーを務めている菊田早苗(GRABAKA)に話を聞くと「なぜか前よりパワーアップしてるんですよ」と笑った。

「ウチにまた来るようになったのは、今回の試合が決まってからです。でもいろいろトレーニングはしてたんでしょうね。好きなんですよ、格闘技が。練習でもパワーアップにビックリしたんですけど、試合になったらそれ以上でした。

 いや、普通あんなに簡単に鼻血って出ないですよ。(ボビーは)拳がメチャクチャ硬いんです。たぶん出血だけじゃなくて、頭(脳)へのダメージはもっと凄いと思います。寝技も前より強くなってます。だから自信を持って、コーナーから“チョーク!”と叫んじゃいましたね」

“格闘家”ボビーとは何者なのか

 バックを取ったところでポジションをキープし、殴り続けるのも一つの手だった。雑にチョークを取りに行ったらエスケープされるかもしれない。だが菊田は迷わずチョークを指示した。それだけの力があると分かっていたからだ。それは、ボビーがセコンドの指示を聞き、それを実行できるくらいに冷静だったということでもある。

 けれども、本人はそうした説明を嫌う。スタンスはあくまで素人。大晦日参戦について聞かれると「大晦日っていつ? 12月31日? 知ってるよ!」と笑ってみたり、北村に対しては「一生リスペクト。試合して仲良くなりました。今度ご飯行きたい。ご馳走してくれるでしょう」。

 20年近く前にファニーな外国人として人気になったボビー。既に日本に帰化し、一時はダーティーなイメージで語られ、そして今回、激しい試合ぶりで勝利しても記者からの質問は煙に巻いた。格闘家ボビー・オロゴンは、まだ何者なのか分からない。年齢にしても闘う目的にしても独特すぎて、他の選手とは力を測るモノサシが違うのだ。だからこそ興味を引く存在なのだ、とも言えるのだが。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
ボビー・オロゴン
北村克哉

格闘技の前後の記事

ページトップ