メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

大谷翔平は重度の心臓病と闘う“翔平ちゃん”を抱きしめた「あったかいね」…19日後、寄付金は3億5千万円に到達した 

text by

川崎静葉

川崎静葉Shizuha Kawasaki

PROFILE

photograph byShizuha & Taishi Kawasaki

posted2021/11/24 11:01

大谷翔平は重度の心臓病と闘う“翔平ちゃん”を抱きしめた「あったかいね」…19日後、寄付金は3億5千万円に到達した<Number Web> photograph by Shizuha & Taishi Kawasaki

2019年1月、心臓移植手術を待つ川崎翔平ちゃん(中央)を励まそうと大阪府内の病院を訪れた大谷。面会の時間は1時間近くに及んだ

 大谷選手が部屋に入ってきてから、翔平の手を握って、

「バイバイ、またね!」

 と、去っていくまで1時間ちょっとだったと思います。

 翔平にとって、こんなに大勢の人たちに会ったのは初めてのことです。もちろん私たち夫婦にとってもこの1時間は大事な大事な宝物になったのです――。

◆◆◆

「しょうへいくんを救う会」のホームページには、大谷選手から翔平ちゃんへの応援メッセージが掲載された。

《1日でも早く渡航して手術を受け、早く元気になって帰ってこられたらなと思っています》

◆◆◆

 大谷選手がお見舞いに来てくださったことは、多くのテレビや新聞で報じられました。

寄付金が目標の3億5千万円についに達した

 救う会のメンバーの気持ちも高揚しました。そして何よりも、街頭募金活動での反響も違います。

「翔平くん? 知ってる!」

「大谷選手と会った子や!」

 募金をお願いするチラシを見て、皆さんがそんな声を上げてくれます。

 きっと大谷選手のお人柄のおかげでしょう。応援してくださる声がグンッと増えたのです。救う会の事務局への電話も鳴りやまないぐらいです。

 私たちも当日の記念撮影の写真を、翔平の病室にかざって、ずっと夢見心地でした。

 寄付金が目標の3億5千万円についに達したのは1月24日、お見舞いから19日後のことです。

「翔平、よかったね!」

 焦り続けた日々でしたから、本当にうれしかったです。

 費用の面をクリアしたことで、先生方も急ピッチで事務手続きや手配を進めてくださって、テキサス州の小児病院も受け入れ態勢を整えてくれました。

 あとは渡航するだけのはずだったのですが、ついに翔平が手術を受ける日は訪れなかったのです――。

<前編から読む>

『翔平選手と翔平ちゃん 奇跡のキャッチボール』(光文社) ※書影をクリックするとAmazonのサイトに遷移します『翔平選手と翔平ちゃん 奇跡のキャッチボール』(光文社) ※書影をクリックするとAmazonのサイトに遷移します
#1から読む「なんとしても力になりたい」大谷翔平が重度の心臓病と闘う“翔平ちゃん”を見舞いに行った理由

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ