メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

大谷翔平は重度の心臓病と闘う“翔平ちゃん”を抱きしめた「あったかいね」…19日後、寄付金は3億5千万円に到達した 

text by

川崎静葉

川崎静葉Shizuha Kawasaki

PROFILE

photograph byShizuha & Taishi Kawasaki

posted2021/11/24 11:01

大谷翔平は重度の心臓病と闘う“翔平ちゃん”を抱きしめた「あったかいね」…19日後、寄付金は3億5千万円に到達した<Number Web> photograph by Shizuha & Taishi Kawasaki

2019年1月、心臓移植手術を待つ川崎翔平ちゃん(中央)を励まそうと大阪府内の病院を訪れた大谷。面会の時間は1時間近くに及んだ

10月に右ひじの手術を受けたばかりだったが……

 でも大谷選手の腕のなかは、よほど居心地が良かったようです。嫌がる様子もなく、反り返ったりすることもなく、ごきげんにじっと抱かれていました。

 そういえば大谷選手は、10月に右ひじの手術を受けたばかりだったのです。あまり抱っこが長くなったもので、通訳の水原一平さんが「ちょっと、そろそろ……」と、声をかけ、私たちも「もう十分ですから」と、申し上げたのですが、大谷選手は、

「大丈夫、大丈夫」

 そう微笑んで、翔平をずっとひざに乗せ続けてくれました。

 翔平は思いがけないプレゼントをもらいました。大谷選手のサインボールです。

 取材に来ていた記者さんやカメラマンさんが解散する直前、大谷選手は、

「あっ、ボールを持ってきたんです」

 と、《翔平くんへ》という名前とサインを書いて、あの大きな手で翔平の手にちょこんと乗せてくれたのです。

「おおっ、キャッチボールだ」というどよめきが

 そのボールは、翔平にとってはとても大きく感じたことでしょう。それに革の感触もにおいも初めてのものです。

 しばらく興味深そうに真っ白なボールをさわっていました。

 そんな翔平の手のそばに、大谷選手が「ちょうだい」というように片手をさしのべてくれました。

 すると、本当にそのタイミングを待っていたかのように、翔平がぽいっとボールを手放したのです。

 大谷選手がしっかりと受け止めてくれたとき、部屋のなかで、

「おおっ、キャッチボールだ」

 そんなどよめきが起こりました。大谷選手も驚いていましたが、

「野球しよっか!」

 こぼれるような笑顔を見せてくださいました。 

【次ページ】 寄付金が目標の3億5千万円についに達した

BACK 1 2 3 4 NEXT
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ