SCORE CARDBACK NUMBER

ブレーブスひと筋44年。スニッカー監督の“特別な世界一”。

posted2021/11/23 07:00

 
ブレーブスひと筋44年。スニッカー監督の“特別な世界一”。<Number Web> photograph by Getty Images

'16年シーズン終了後に代行から正式な監督に就任したスニッカーは5シーズン目にして戴冠。愛称は“スニット”

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今季のワールドシリーズ(WS)は、ブレーブスが4勝2敗でアストロズを振り切り、1995年以来26年ぶりに世界一の座へ就いた。チームを率いた66歳のブライアン・スニッカー監督は、優勝トロフィーを手に感無量の表情で言った。

「自分にこんなすばらしい時間が訪れるなんて思ってもいなかった」

 1977年にプロ入りして以来、ブレーブスひと筋44年。メジャー経験がないまま、現役を引退した'80年、マイナーのインストラクターの座を用意したのが、当時ファームディレクターを務めていた故ハンク・アーロンだった。その後、ほぼ全レベルのマイナーでコーチや監督を務め、'16年途中、ブレーブスの監督代行に就任した。最優秀監督賞に選出された'18年からは4年連続で地区優勝を飾り、ついに今年、頂点に立った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 547文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

アトランタ・ブレーブス
ブライアン・スニッカー

MLBの前後の記事

ページトップ