野球クロスロードBACK NUMBER

ソフトバンク松田宣浩(38歳)が語る“王者失墜”の原因「そこは結構、大きいところでしょ」「山本由伸クラスは技術だけじゃ打てんすよ」 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byIchisei Hiramatsu

posted2021/11/24 11:02

ソフトバンク松田宣浩(38歳)が語る“王者失墜”の原因「そこは結構、大きいところでしょ」「山本由伸クラスは技術だけじゃ打てんすよ」<Number Web> photograph by Ichisei Hiramatsu

今季、プロ通算300本塁打を達成したソフトバンク松田宣浩。38歳の“熱男”は、昨年までの4年連続日本一から一転、4位に低迷したチームをどう見るのか――

最終戦に放った二塁打。「今でもまだ、感触が残ってます」

 10月25日のロッテ戦。6回に代打として立った今季の最終戦で、岩下大輝の150キロストレートを弾き返し、左中間に二塁打を放った。これも「前手ギュン」だった。

「究極はホームランですけど、理想のポイントでボールを弾き返せればヒットでいいんです。今でもまだ、感触が残ってますからね。いい形で終われた!」

 プロ16年で最も苦しんだシーズンだったかもしれない。そんな険しい旅でも屈しなかったのは、松田には常に光が見えていたからであり、最後には原風景に辿り着けた。

 まあ。そうひと息ついてから胸中を明かす。いつものような快活な声音ではない。重く、低い。矜持が投影されているようだった。

「後半戦で何本か、未来に繋がる成功例を表現できたこと。あとは体が全然大丈夫なことですかね。それがあるからこそ、ですね」

 松田宣浩、来年39歳。

 ベテランは死なず、去りもしない。

 ますます燃える。(後編につづく)

#2に続く「『仲良しチーム』になっちゃダメ」ホークス松田宣浩がベンチで感じた“違和感”…藤本新政権の来季は「悪あがきしたっていいでしょ!」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
福岡ソフトバンクホークス
松田宣浩
工藤公康

プロ野球の前後の記事

ページトップ