荒磯親方、部屋をつくるBACK NUMBER

「設計」――2面の土俵で活気のある稽古を。

posted2021/11/13 07:00

 
「設計」――2面の土俵で活気のある稽古を。<Number Web> photograph by 荒磯部屋

荒磯部屋の完成イメージ図。通常では1面の土俵を2面設ける構想

text by

荒磯寛

荒磯寛Hiroshi Araiso

PROFILE

photograph by

荒磯部屋

 まもなく十一月場所が始まりますが、茨城県阿見町に建設中の新しい部屋も、骨格が見えてきました。

 7月末に地鎮祭を終え、来年5月に完成の予定ですが、部屋のプランを考えるのは楽しかったです。参考にしたのは、群馬県にある白水ゴルフ倶楽部のクラブハウスです。中庭があって、人が集う食堂の雰囲気や、導線を見てひと目惚れしたんです。ビデオカメラを回させてもらい、相撲部屋の設計へとアイデアを膨らませていきました。

 まず、部屋の中心にあるのは土俵です。神聖な場所ですから、土俵の上には2階を作らない設計としました。天井の高さは5mあり、圧迫感もなく、精神的にのびのびと稽古できる環境になるはずです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1292文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

稀勢の里
荒磯親方
荒磯部屋

相撲の前後の記事

ページトップ