荒磯親方、部屋をつくるBACK NUMBER

「地域密着」――地元を知るのも、稽古の一部。

posted2021/09/20 07:00

 
「地域密着」――地元を知るのも、稽古の一部。<Number Web> photograph by 荒磯部屋

7月27日、荒磯部屋が建設される茨城県阿見町で行われた地鎮祭

text by

荒磯寛

荒磯寛Hiroshi Araiso

PROFILE

photograph by

荒磯部屋

元横綱稀勢の里の荒磯親方が、田子ノ浦部屋から独立し、「荒磯部屋」を8月1日に開いた。茨城県阿見町に建設中の部屋自体の完成は来年5月で、現在は筑波大学に仮土俵を設けて4人の弟子の指導を開始している。伝統を守りつつ先進的な取り組みにも挑む部屋の完成までを追う本連載。第1回は、35歳の親方が描く「青写真」に迫る。

 おかげさまで、みなさんの協力を得て、新しく部屋を開くことが出来ました。7月27日には阿見町で地鎮祭を行い、8月に入ってからは、生活のスケジュールやルール作りに追われ、怒濤の日々が続いています。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1296文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

稀勢の里
荒磯親方
荒磯部屋

相撲の前後の記事

ページトップ