SCORE CARDBACK NUMBER

3Aの正解は一つではない。日本女子のジャンプは新局面に。

posted2021/10/27 07:00

 
3Aの正解は一つではない。日本女子のジャンプは新局面に。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

ジャパンオープンで女子トップの136.27点をマークした樋口。北京五輪に向けて、幸先のいいスタートを切った

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 日本女子のジャンプ競争が新局面を迎えた。10月に行われたジャパンオープンでは、6人中4人がトリプルアクセルに挑戦。その翌週には、12歳の島田麻央が4回転トウループを7カ月ぶりに成功させた。高難度ジャンプへの挑戦が増えた背景には、五輪選考の「混戦」がある。

 日本女子の北京五輪出場枠は3。全日本連覇の紀平梨花は一歩リードと言えるが、残り2枠は予想がつかない。平昌五輪を経験した宮原知子、坂本花織、4年前に涙を呑んだ樋口新葉、三原舞依、そして共に高校2年生の河辺愛菜と松生理乃らがひしめきあう。頭一つ抜ける武器となりえるのが、トリプルアクセルなのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 643文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松生理乃
河辺愛菜
樋口新葉
宮原知子
島田麻央
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ