SCORE CARDBACK NUMBER

浦和快勝の陰に江坂あり。“偽9番”の巧妙な「任」。

posted2021/10/15 07:00

 
浦和快勝の陰に江坂あり。“偽9番”の巧妙な「任」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

9月25日のFC東京戦では後半21分に2試合連発となる決勝ゴールを決めた江坂。3連勝と絶好調の浦和の動力源だ

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 浦和レッズの勢いが止まらない。8月半ばからJ1リーグ戦で6勝1分けの負けなし。中位から一気に5位まで浮上した。

 内容の充実ぶりも目覚ましい。その秘密が前線にある。6月に柏レイソルから加入した江坂任だ。

 本職はトップ下。だが、9月上旬のルヴァンカップ準々決勝で1トップに据えられ、川崎フロンターレに競り勝つ動力源となった。

 浦和にはキャスパー・ユンカーという歴とした点取り屋がいる。この傭兵を差し置いてまで江坂を使ったのだから大きな冒険だ。

 当のリカルド・ロドリゲス監督は「選択肢の一つ」と明かすが、効果は絶大だった。攻守の両輪が見事にかみ合うことになったからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 589文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

浦和レッズ
江坂任

Jリーグの前後の記事

ページトップ