SCORE CARDBACK NUMBER

マドン監督は「今回は競争ではない」。前例なき大谷翔平MVPレースを占う。

posted2021/10/11 07:00

 
マドン監督は「今回は競争ではない」。前例なき大谷翔平MVPレースを占う。<Number Web> photograph by KYODO

チーム最優秀選手賞と最優秀投手賞を獲得した大谷。他選手との比較が難しい二刀流の活躍はどう評価されるか

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

KYODO

 今季ばかりは、表面上の成績や数字だけで比べられない――。

 シーズン佳境に入り、今季のア・リーグのMVP争いについての論議が、米国内で頻繁に交わされるようになってきた。二刀流でファンを魅了したエンゼルス大谷翔平、大谷と本塁打王を争ったウラジーミル・ゲレロJr.(ブルージェイズ)、捕手としての最多本塁打を更新したサルバドール・ペレス(ロイヤルズ)。議論好きの米国メディアの間で、この3選手をめぐって多様な意見が飛び交っている一方で、「大谷最有力」のトーンは変わっていない。

 専門局「MLBネットワーク」などでコメンテーターを務める大ベテランのジョン・ヘイマン記者は、同局の番組内で持論を披露した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 610文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

大谷翔平
ジョー・マドン
ブラディミール・ゲレロJr.

MLBの前後の記事

ページトップ