将棋PRESSBACK NUMBER

「藤井さんの終盤力はNo.1だからこそ」 豊島将之vs藤井聡太《19番勝負最終章》竜王戦を永世名人・谷川浩司の言葉から展望 

text by

大川慎太郎

大川慎太郎Shintaro Okawa

PROFILE

photograph by日本将棋連盟

posted2021/10/07 17:15

「藤井さんの終盤力はNo.1だからこそ」 豊島将之vs藤井聡太《19番勝負最終章》竜王戦を永世名人・谷川浩司の言葉から展望<Number Web> photograph by 日本将棋連盟

王位戦第3局の豊島将之竜王と藤井聡太三冠、立会人の谷川浩司九段。「19番勝負」の最後を飾る竜王戦は必見だ

「藤井さんの終盤力はNo.1だからこそ」

 豊島は、まずは序盤で具体的なリードが欲しいところだ。王位戦で見せたような展開が理想で、特に第1局で披露したような、豊島の最大の長所である積極性を発揮できるような展開に持っていければベストだろう。

 中、終盤力は、王位戦と叡王戦を見る限り、藤井が上だと言わざるをえない。谷川九段も「藤井さんの終盤力は明らかにナンバーワンです」と語っている。だから豊島は序盤をリードしたうえで、時間を残しておきたい。ただしその理想的な展開になった王位戦第2局でも、最後は藤井に捲られて痛恨の逆転負けを喫してしまった。あの将棋を勝って連勝スタートならばその後の展開は大きく変わったはずで、王位戦の命運を左右した1局になったことは間違いない。

 その第2局が終わった夜、渡辺名人にコメントを求めると次のように語っていた。

「自分はこういう負け方を何度かしていますから(笑)。これ勝ちでしょ、という常識的なラインが藤井さんには通用しないんです。『ああ、これを負けるのか』と豊島さんは思ったはずです」

 カギは豊島の中、終盤の精度だ。

 藤井を上回る必要はない。序盤でリードした上で、藤井と同様の指し手の質を保っていけば、先にゴールテープを切れるのだから。

 そして藤井には四冠が懸かる戦いになる。

 最近の活躍の加速ぶりは圧巻で、谷川九段も先のトークイベントで、「まだ本が出て1カ月半も経っていないのですが、ちょっと古い本になってしまっている(笑)」と冗談を言っていたほどだ。藤井はしばらくの間、谷川を困らせ続けるのだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
藤井聡太
豊島将之
谷川浩司
渡辺明

ゲームの前後の記事

ページトップ